「金持ち父さん」日本オフィシャルサイト > 金持ち父さんとは

金持ち父さんとは

ロバート・キヨサキってどんな人?

ロバート・キヨサキ

ロバート・キヨサキは、投資家であり、ビジネスマンであり、ベストセラー作家だ。彼の著書「金持ち父さん 貧乏父さん」は、金持ちがお金について自分の子供たちに教えていること、中流以下の人たちが教えていないことを明かしている。「人々がお金で苦しむ最大の理由は、学校に何年通ってもお金について全く学んでいないからだ。人々は結局、お金のために働くことを学ぶ…だが、お金を自分のために働かせる方法を学ぶことは決してない」と、ロバートは言う。

ハワイで生まれ育ったロバートは、日系四世のアメリカ人。教育家として名高い一家に生まれた。父親はハワイ州の教育長だった。ハイスクールを出たロバートはニューヨークで教育を受ける。卒業後、彼は米国海兵隊に入隊、士官、軍用ヘリのパイロットとしてベトナムに出征した。

帰還後、ロバートはゼロックス社に就職したが、1977年には会社を立ち上げ、ナイロンとベルクロを使った世界初のサーファー用財布を発売、これが全世界で驚異的な売上を記録する。

1985年、ロバートは国際的な教育企業を設立した。この会社は、世界の何万という人々にビジネスと投資について教えた。

ロバートは47歳という若さで引退したあと、大好きな投資を続けていた。この「引退」中に書かれたのが、ニューヨークタイムズのNo.1ベストセラー「金持ち父さん 貧乏父さん」だった。続いて「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」、「金持ち父さんの投資ガイド」を執筆、この3冊はすべて、ウォールストリート・ジャーナル紙、USAトゥデイ紙、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストに同時にトップテン入りを果たしている。2001年1月には「金持ち父さんの子供はみんな天才」が刊行された。

「持てる者」と「持たざる者」とのギャップがますます広がることを憂えてロバートが考案したのが、ボードゲーム「CASHFLOWR101」だ。これは特許を取得したゲームで、金持ち父さんが長年かけて彼に教えたお金に関する戦略と同じものを教えてくれる。ロバートが47歳で引退できたのも、このお金に関する戦略のおかげなのだ。

ロバートが手がけているのは、不動産投資やビジネスの売買・構築だが、彼の本当の情熱は教育に向けられている。彼は、お金に関する教育の分野で非常に評価の高い講演者であり、彼の講演は、世界中の聴衆に大きな元気を与えている。ロバートは、オプラ・ウィンフリー・ショーをはじめ、米国トップのテレビ・ラジオ番組に出演している。

ロバートは、自分の経済状態を向上させたい人々に、次のような意味深いメッセージを送っている。「お金を手にするたびにあなたは、自分が金持ちになるか、貧乏になるか、中流階級になるかを選ぶ力を持っているのだ。」

【次ページ】 私には二人の父がいた →

ページトップへ[↑]