リボ払いの本質とは?

  • リボ払いは損か得か?
  • 自分で稼いだお金で買いたいものを買う楽しさ
  • リボ払いは借金

リボ払いは損か得か?タイトルを見て、「何をいまさら」と思う人も多いだろうが、当然だと思う。 実は先日、ある中華レストランで隣のテーブルからこんな声が聞こえてきた。 「今だから笑って話せるけど、ほんとに痛い目にあって。お金のことは高校と...

情報時代には教育が重要になる

  • 考え方が時代遅れになる
  • 産業時代の考え方 vs 情報時代の考え方
  • どんな教育が必要となるのか

考え方が時代遅れになる「産業時代が終わり、情報時代が始まった」と、ロバート・キヨサキは「金持ち父さんシリーズ」(筑摩書房刊)のなかで繰り返し言っている。 情報時代になったことで、産業時代特有の働き方であるサラリーマンは大きな変化の波に...

体験を通して学ぶ

  • いつ子供にお金について教えるか
  • 5歳の子供でも、5ドル札と20ドル札の区別はつく

いつ子供にお金について教えるか「金持ち父さんの 子供はみんな天才」(筑摩書房刊)は、子供の学習と教育をテーマとして書かれている。 ロバート・キヨサキは子供のころから金持ち父さんのもとで学んできたが、セミナーの席でよく次のように聞かれる...

子供はみんな学ぶのが好き

  • 貧乏父さんはハワイ州の教育局長だった
  • 才能にはいろいろな種類がある
  • 学校は一つの能力に重点を置いたシステム

貧乏父さんはハワイ州の教育局長だったロバート・キヨサキの「金持ち父さんシリーズ」は、彼が親友マイクの父である金持ち父さんから、お金について学んだことを中心に書かれている。だが、シリーズ4作目の「金持ち父さんの 子供はみんな天才」(筑摩...

金持ちになる習慣を身につける

  • 金持ち父さんの言葉
  • 金持になるための6つの習慣
  • 新たな失敗をすることを恐れない

金持ち父さんの言葉ロバート・キヨサキは「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」(筑摩書房刊)のなかで、金持ち父さんの言葉を紹介している。 「習慣には、君を金持ちにする習慣と貧乏にする習慣がある。 貧乏な人の多くは、貧乏になる習慣を...

お金の主人になるか、奴隷になるか

  • 自分の財政状態の責任はだれがとるのか
  • 人はお金と無縁ではいられない
  • お金について学ぶ

自分の財政状態の責任はだれがとるのかロバート・キヨサキの最新刊『金持ち父さんの21世紀のビジネス』(筑摩書房刊)の冒頭に印象深い言葉がある。 「自分の財政状態に対する責任は自分でとろう。それがいやなら、これから一生、他人からの命令に従...

人生で大事なものは何か

  • お金は重要か重要でないか
  • 一日の時間は限られている
  • あなたにとって何が大事か

お金は重要か重要でないかロバート・キヨサキは『金持ち父さん貧乏父さん』で書いているように、彼が貧乏父さんと呼んでいる自分の実の父だけでなく、友人の父である金持ち父さんからも多くを学んだ。 貧乏父さんは、高い教育を受けていたが、いつもお...

『金持ち父さん 貧乏父さん』が伝えたいこと

  • 世界中で読まれた『金持ち父さん 貧乏父さん』
  • お金と起業についての教え
  • 経済的自由を手にしよう

世界中で読まれた『金持ち父さん 貧乏父さん』最近は金持ち父さんという言葉は知っていても、『金持ち父さん 貧乏父さん』を知らない人も増えている。 サイトやゲーム「キャッシュフロー」をきっかけにして金持ち父さんという言葉と出会う人が増えて...

ファイナンシャルIQとは何か

  • ファイナンシャル教育の大切さ
  • まずはコントロールする力をつける
  • 投資のために学ぶ

ファイナンシャル教育の大切さ「金持ち父さん貧乏父さん」(筑摩書房刊)を読んで、不動産の本だと思う人は少なくないようだ。 だが、ロバート・キヨサキは不動産投資のすすめとしてこの本を書いたわけではない。 金融について知らずにはすまされない...

ラットレースとファーストトラック 2

  • ファーストトラックとは何か
  • ファーストトラックで投資する資格とは

ファーストトラックとは何かラットレースを抜けたあとに進む、金持ちのためのファーストトラックとは何だろうか。 ゲームボード上で、ラットレースの外側をぐるりと取り囲んでいるのがファーストトラックだ。 そこには、経済的自由を得たときにかなえ...