1年を振り返り、次の目標を立てる

  • 1年のできごとを振り返る
  • 自分のお金の流れをつかむ
  • 目標はノートや手帳に書き留めよう

1年のできごとを振り返る2019年も終わり、新しい年がやってこようとしている。 今年はどんな年だったか、今年の初めに立てた目標はどこまで実現できたか、描いていた夢にどこまで近づけたか、ぜひ年末年始にふりかえって書き出してみよう。 家族...

1万円札はずっと1万円の価値があるのか

  • 「フェイクマネー」とは何か
  • 貨幣はそれ自体に価値があった
  • そして人は投資に向かう

「フェイクマネー」とは何か10月末に刊行されたロバート・キヨサキの『金持ち父さんの「これがフェイクだ!」』(筑摩書房刊)で、キヨサキは私たちが日常使っているお金が金(ゴールド)や銀と引き換えることができない不換紙幣であり、それゆえにフ...

まとまったお金をつくろう

  • まず100万円貯めてみる
  • 次に1年分の生活費を貯める
  • 大きなお金で考えよう

まず100万円貯めてみる前回「まず自分のお金をコントロールする」という項目で、自分の財務諸表を作ってみることを提案したが、もし資産が思ったほどではないことに気が付いたら、次は貯金をすることをお勧めしたい。 「でも、『金持ち父さん貧乏父...

金持ちの武器は、借金・税金・幽霊所得

  • ロバート・キヨサキ来日・新刊刊行記念ミニトーク+サイン会!
  • 金持ちはお金について学び続ける
  • 税金は不公正?

ロバート・キヨサキ来日・新刊刊行記念ミニトーク+サイン会!10月25日に、ロバート・キヨサキ著「金持ち父さんシリーズ」の最新刊が筑摩書房から発売になる。 タイトルは『金持ち父さんの こうして金持ちはもっと金持ちになる』で、サブタイトル...

景気がいいから雇用が上向いている、は本当か?

  • 大卒の就職率が過去最高に
  • 非正規雇用が増え、初任給は上がらない
  • 生産年齢人口はピークより1000万人減少

大卒の就職率が過去最高に先月19日のニュースによると、この日文部科学省と厚生労働省が発表した調査では、今春卒業した大学生の4月1日時点の就職率が前年とくらべて0.3ポイント増加し97.6%となったことがわかったという。 この数字は、1...

関心を持つことでお金が見えてくる

  • 頭で見ることが大事
  • お金について勉強しなければならない
  • 勉強し続けるために

頭で見ることが大事だれでも経験があると思うが、ずっと視界に入っていたけれど見えていなかったものにある時ふと気が付く、ということがある。 なぜそういうことが起きるかというと、意識の持ち方が変わったから、目ではなく頭で見るようになったから...

お隣の家計を覗いてみる

  • 既婚者の小遣いが過去最低額に
  • 物価は上がり、給料は上がらない
  • 20代男性の4人に1人が副業している

既婚者の小遣いが過去最低額に先月末、ある生命保険会社が家計についてのアンケートのまとめを発表したが、それによると既婚者の小遣い(毎月それぞれが自由に使えるお金)が2007年の調査開始以来、過去最低になったという。 回答内容を見ると、月...

投資に愛は必要だが損は不要

  • 気に入って買った投資物件
  • 損をする取引はダメ
  • 目で見えないものを頭で見る

気に入って買った投資物件ロバート・キヨサキはよく自分の投資の経験談を失敗も含めて披露する。『改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』(筑摩書房刊)では、1974年にワイキキ郊外の小さなマンションを買った時のことを書いてい...

お金をコントロールする

  • 時間の配分とお金の配分
  • 予算を立てる
  • まずは支出をコントロールする

時間の配分とお金の配分ゴールデンウィークも終わり、街に日常が戻ってきた。 最大9連休と言われるように長い休みを取った人も、連休だったからこそ毎日仕事だったという人もいることだろう。新年度に入ってほぼ1か月、ようやくペースがつかめたとこ...

金持ちになる習慣

  • 習慣が人を作る
  • 身に付けるべき6つの習慣
  • やり抜く力を得る

習慣が人を作るロバート・キヨサキの『改訂版 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』(筑摩書房刊)の「第十四章 習慣のレバレッジ」では、金持ち父さんの次のような言葉が紹介されている。 「習慣には、君を金持ちにする習慣と貧乏にする習慣...